地方新聞~伊勢版~お木曳き速報写真が見られるブログ


by poncha_blog3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:伊勢市( 99 )

カーリング? @ 赤福

d0019398_16402269.jpg赤福の従業員は、カーリングの影響を受けてると思わざるを得ないような、見事なブラシさばきで道路を清掃しておられました。
[PR]
by poncha_blog3 | 2006-04-29 09:40 | 伊勢市
d0019398_1616839.jpgいよいい来週金曜日からはじまる一般奉曳に備え、宮川堤から伊勢神宮外宮までの沿道でボランティアによる清掃活動が行われました。みなさん、大変ご苦労さまでございます。
[PR]
by poncha_blog3 | 2006-04-29 07:40 | 伊勢市

お木曳ガイド

d0019398_23405852.jpgクリックすると大きな画像が見られます。
d0019398_23412997.jpgクリックすると大きな画像が見られます。
d0019398_23415647.jpgクリックすると大きな画像が見られます。
d0019398_23422033.jpgクリックすると大きな画像が見られます。
[PR]
by poncha_blog3 | 2006-04-21 23:40 | 伊勢市
 木造始祭は、式年遷宮の造営の開始にあたって執り行われるお祭りです。

 祭儀を奉仕するのは神宮式年造営庁の職員、造営工事に従事する忌鍛冶や小工、神宮職員の外、物忌の童男・童女などです。

 次第は、先ず正宮を参拝した後、五丈殿で古式ゆかしい饗膳の儀があり、引き続き五丈殿の前に安置された御用材の代表木の前で作業の安全を祈った後、小工が御用材の小口を切り、墨を打ち、忌斧を打ち入れます。

 忌斧を打ち入れるところから手斧始めとも言われます。この木造始祭が済むと、遷宮の造営の本格的な作業が進められます。


木造始祭          日時

皇大神宮      四月二十一日 午前七時 (内宮さん)
豊受大神宮      同 日      正 午  (外宮さん)

(皇大神宮別宮)
荒祭宮       四月二十二日 午前八時 (内宮正宮後方)
月読宮        四月二十三日 午前八時 (御幸道路)
月読荒御魂宮     同 日     午前九時 (御幸道路)
伊佐奈岐宮       同 日    午前八時 (御幸道路)
伊佐奈弥宮       同 日     午前九時 (御幸道路)
瀧原宮        四月二十五日 午前八時 (大紀町)  
瀧原並宮        同 日    午前九時 (大紀町)
伊雑宮          同 日    午前八時 (志摩市)
風日祈宮      四月二十七日 午前八時 (内宮神楽殿授与所の向い側)  
倭姫宮          同 日     午前八時 (倉田山)

多賀宮        四月二十二日 午前八時 (外宮正宮から御池はさんで向かい)
土宮         四月二十八日 午前八時 (外宮正宮から御池はさんで向かい)
月夜見宮        同 日    午前八時 (伊勢市駅西方)
風宮           同 日    午前九時 (外宮正宮から御池はさんで向かい)
[PR]
by poncha_blog3 | 2006-04-21 07:00 | 伊勢市
d0019398_22261014.jpg木遣り姿も勇ましく。
d0019398_2150497.jpg各町各様の飾り付けです。
d0019398_21514870.jpg踊りでにぎやかに。
d0019398_21533976.jpg第一次奉曳は、5月6日からです。ぜひ、伊勢にお越しください。お待ちしております。
[PR]
by poncha_blog3 | 2006-04-13 10:47 | 伊勢市
陸曳は、伊勢神宮・外宮のご用材を、宮川堤(度会橋付近)より、伊勢神宮・外宮までお木曳き車に載せて曳く行事です。今回の役木曳きは中でも重要なご用材を運ぶ初曳きとなります。
d0019398_21372568.jpgどんでん場です。河原からご用材を引き上げた後、お木曳き車に載せる前に、堤の両側でご用材を引っ張り合います。
d0019398_2141446.jpgそりからお木曳き車へ載せ替えです。
d0019398_21431232.jpg
d0019398_21443634.jpgさぁ、立派な飾りもつきました。いよいよ出発です。
d0019398_21455125.jpg太鼓の演奏。主役は女性です。
[PR]
by poncha_blog3 | 2006-04-13 10:00 | 伊勢市
d0019398_17213022.jpg一方、明日、13日は陸曳ですが、スタート地点の宮川堤のどんでん場は、昨日の雨による増水でえらいことになっています。4月1日の写真と見比べて見ましょう。
d0019398_17241451.jpg(4月1日の、どんでん場)
[PR]
by poncha_blog3 | 2006-04-12 15:20 | 伊勢市
iTVニュース映像は、こちらです。
http://www.itv-mie.jp/news/asx/060412a.asx
[PR]
by poncha_blog3 | 2006-04-12 15:00 | 伊勢市
d0019398_178384.jpgいよいよクライマックス!宇治橋です。
d0019398_17101999.jpg増水のため、宇治橋手前で引き上げます。
d0019398_17124288.jpg今日、たまたま伊勢神宮を参拝された人はラッキーです。役木曳は20年に1日しかない行事なのですから。
d0019398_1715694.jpg参道を進みます。観光客も混じって曳きます。
d0019398_1716239.jpg奉曳を見届け、役木を触ってきました。ん~、この木が中心になって、それぞれの神社が新築されるんだな~。
第一次奉曳は、7月下旬です。
[PR]
by poncha_blog3 | 2006-04-12 13:05 | 伊勢市
d0019398_16512149.jpg陸曳(おかびき)は山車の車軸からホラ貝のような音が鳴り響きますが、お木曳には曳きはじめの合図でもあるホラ貝の担当者がいます。
d0019398_16541673.jpg途中、2本の綱で向かい合って「練り」ます。もみあいというか、押し合いというか…
d0019398_16581313.jpg白く波立っている所が第一の難所です。段差があります。
d0019398_1705379.jpgもう、腰まで水につかっています。
d0019398_174179.jpg寒い川の中から、曳き手の熱気が伝わってきます。段差を乗り越えると拍手喝采。
しっかし、ひんしゅくなのはNHKの取材ヘリコプター。木遣り唄をかきけす轟音で神様の上空を旋回していました。バチあたるよ、ホントに。
[PR]
by poncha_blog3 | 2006-04-12 10:10 | 伊勢市